印刷技術|技術と品質|笹徳印刷株式会社
愛知県名古屋市を中心に東京・大阪と全国展開する総合印刷会社 笹徳印刷。
印刷物を中心に、イベント・ノベルティ・WEB販促等幅広くご提案します。
愛知県・名古屋市の笹徳印刷株式会社
トップ / 技術と品質 / 印刷技術

印刷技術

菊全判6色高感度UVオフセット印刷機 および 色調管理装置
専用の省エネオゾンレスUVランプと高感度UV硬化型インキとを使用し、環境に配慮した資材と装置で速乾性を実現する革新的な印刷機です。
またインライン印刷品質検査機能に加えて色調管理機能を備え、ピンホールなどの微小欠陥を発見、微妙な色調変動をコントロール。スキルレスで安定した品質を維持します。
フォーム印刷
各種の伝票や帳票類などの印刷を行なうビジネスフォーム印刷は、一度に大量に印刷する必要があるため、ロール紙を用いたオフセット輪転印刷機で行ないます。印刷後は用途に応じて、シートカット、丁合、マージナルパンチ、ミシン折りなど、さまざまな加工を施し、高品質な製品へと仕上げます。
オフ輪印刷
ロール状の巻取り紙を使用する印刷機を、オフセット輪転機(オフ輪)と呼びます。ロール紙の両面に4色カラー印刷を同時に行い、強制乾燥でインキを乾かします。
折り加工、断裁、結束、排紙までを1台の機械の中で全て行います。非常に高速で印刷するので、雑誌、チラシなど大ロットの印刷物に向いています。笹徳印刷では、A判、B判とも対応が可能です。
グラビア製版技術
グラビア製版彫刻機の形状によるモワレ現象の回避
カラーマネジメントを行う上でモワレ現象は必ず解決しなければならない問題ですが4種類のセルを用いることで、セル同士が重なる部分を少なくしました。
これによって面ムラやモワレが解消し安定したcolorグラビア印刷が可能になります。
包装用資材
衛生材から食品まで、お客様の声を大切に、より付加価値の高いグラビア印刷をめざして、独自の技術と最新テクノロジーで高品質な製品づくりをお手伝いします。
徹底した品質管理のもと、特異性の高いポリエチレン材製品を主体に、企画・デザインから印刷・納品までを社内一貫製造ラインで対応します。
特殊素材への印刷(フィルム)
OPPやPE、PETなどのフィルム素材への印刷が可能な笹徳一宮は、スリッター機、ラミネート機、製袋機を導入したグラビア製品の一貫生産工場です。
フィルムを用いた包材は高いバリア性を活かし、食品や医薬品、サニタリーなど、衛生製品の包装として使用されます。
平圧凸版ラベル印刷機
平圧凸版印刷とは、印刷版と圧盤が水平にセットされ、圧盤が上下運動して強い印圧を与えることで、インキを版面から基材表面に転移させる印刷方式です。
印圧を高くできることから、文字や画線の印刷に力強さを与え、鮮明な印刷効果が得られます。
デジタル印刷機
特色対応の液体トナーを使用した高性能デジタルオフセット印刷機。
紙・板紙やフィルム・プラスチックへの印刷も可能です。小ロット対応はもちろんのこと、さまざまな特殊インキの使用や、隆起印刷・エンボス効果などの特殊効果印刷、デジタルならではのバリアブル印刷など、高付加価値印刷を可能にします。
取扱商材:マニュアルのPOD(プリント・オン・デマンド)対応
水なし印刷
印刷版の現像に水を使用し有害な廃液を出さず、印刷時にエッチ液などの化学物質を含む湿し水を使用しない水なし印刷は、水も空気も汚さない環境に優しい印刷方式です。
笹徳印刷では1980年代から枚葉での水なし印刷に取り組み、環境に配慮した印刷工場を他社に先駆けて実現しています。
点字加工(トムソン抜き工程)
通常のトムソン抜き工程は、印刷された用紙を木型と面板で上下から挟み込み、決められた形に打ち抜き・罫線入れ加工を行いますが、凹型と凸型を組み合わせることで文字や形を浮き出すエンボス・デボス加工が可能になります。これを利用して、パッケージ印刷面に点字加工を施します。
厚紙用5色グラビア輪転印刷打抜機・トータルパッケージ生産(寺前工場)
印刷から抜き・セロ貼り(ティシュ用フイルム貼り機)・サイド貼り・出荷と一貫製造でティシュカートンを生産。1日に70~100万個を製造しています。
5色グラビア輪転印刷打抜機
特殊窓(ティシュ用フィルム)貼り機
自動サイド貼り製函機
自動充填ライン
ロボットパレタイザ
完成品自動倉庫
擬似エンボス
擬似エンボス加工とは、異なるニス同士のハジキ特性を利用し、ツヤ有り部分とツヤ無し部分をパターニングすることで、ツヤ有り部分が浮き上がって見える加工です。
ツヤ無し部分はザラザラした手触りで、印刷物に独特の風合いを与えます。また擬似エンボス上への箔押しも可能で、高級感あふれるカタログやパッケージが制作できます。