品質保証体制|技術と品質|笹徳印刷株式会社
愛知県名古屋市を中心に東京・大阪と全国展開する総合印刷会社 笹徳印刷。
印刷物を中心に、イベント・ノベルティ・WEB販促等幅広くご提案します。
愛知県・名古屋市の笹徳印刷株式会社
トップ / 技術と品質 / 品質保証体制

品質保証体制

目視検査から脱却した高品質パッケージ
印刷機インライン検査装置・平版検査装置・ブランクス検査装置によりピンホール等の微小欠陥を発見し不良を出さない・流出させない検査体制を確立。
従来の目視検査方式からカメラによる機械検品にすることで、要求される適正品質に合致した高品質パッケージをお届けしています。
検査(検品工程)
クリーン化された工場内で衛生的な服装着用のもと、製品毎に決められた手順に従い全数検査を行っています。
生産環境(温度管理・防虫防塵等)/不良出荷削減
パッケージ工場は食品・医薬品パッケージ対応のクリーン化工場です。工場内は厳密に温湿度管理がされており、また室内の陽圧化を計ることで、空気の流れを建物から外部となるように設定。防虫防塵対策を行っています。
ブランクス検査機
従来のインライン検査、最終出荷前検査に加え、箱になる前の展開されたブランク状態の印刷物の表裏面検査を実施。
食品や医薬品などの高度な品質管理が求められる製品の検査として効果を発揮します。トレーサビリティの確保や検査結果の統計的な分析にも有効です。
品質向上および品質維持活動(初品品質確認・出荷品検査)
初品の品質確認については、各検査器を使い、製品を測定。
図面・規格値・仕様値に順じた製品になっているかを検査します。出荷品検査は、検査実施要請がある製品に対して実施します。製造終了後、出荷するまでの間に検査を実施し、検査結果に基づき製品出荷の合否判定を品質保証部で行います。
笹徳品質基準
製品の出来栄えを評価するための笹徳印刷グループ共通品質基準として、自主基準を製造品種毎にガイドブックを作成・制定しています。
また、製造部門での品質維持を推進するため、社内2S基準を制定。管理者による5S巡回は2Sブックに基づいて実施しています。
品質向上および品質維持活動(力量測定推進)
最終工程となる検品室での検査レベルを維持するため、検査員を対象にした力量確認(視力検査、欠陥認識(発見)試験)を推進。
定期的(年2回)に実施して、結果を品質保証部でも評価。合格点に達していない検査員には、再測定とトレーニングを行いレベルアップを図っています。
品質・環境監査員の育成
ISO内部監査員のレベルとスキルのアップを図るため、定期的な勉強会を開催(品質監査員勉強会:年2回/環境監査員勉強会:年1回)。
またISOにおける知識の植え付けと、各職場における予防・是正活動の活性化を図るため、管理者への第一歩として内部監査員の育成を実施しています。
ISO9001
笹徳印刷 本社生産部門は1999年業界でいち早くISO9002(1994年度版)を取得しました。さらに、2002年8月に取得範囲を拡大し、全社と主要関連会社がISO9001(2000年度版)を取得、2009年6月に、2008年度版に更新しました。国際基準に対応したラインで製品を提供しております。更に社内教育を実施して、ISO9000管理に携わる内部品質監査員を120名配置し、システムの維持、向上を実施しています。

登録証番号 JQA-QM3514
登録事業者 笹徳印刷株式会社
登録活動範囲
  • 一般商業印刷物・紙器の企画制作、製版、印刷、加工
  • 軟包装材の印刷、加工
関連事業所
  • 笹徳一宮株式会社
    愛知県一宮市萩原町串作515番地 「軟包装材の印刷、加工業務」
  • マルワ製本株式会社
    愛知県豊明市栄町道山70番地1号 「製本業務」
  • マルエス紙工株式会社
    愛知県豊明市栄町寺前55番地 「シール印刷、表面加工業務」
  • 株式会社 SPセンター
    愛知県豊明市栄町道山56番地1号 「梱包、発送業務」
  • 株式会社 サンライト
    愛知県豊明市栄町大脇7番地 「一般商業印刷物、紙器等の企画制作」
詳細を表示する