沿革|企業情報|笹徳印刷株式会社
愛知県名古屋市を中心に東京・大阪と全国展開する総合印刷会社 笹徳印刷。
印刷物を中心に、イベント・ノベルティ・WEB販促等幅広くご提案します。
お問い合わせ
English
トップ / 企業情報 / 沿革

沿革

笹徳印刷の歴史は、ひとつの紙函から始まりました。
笹徳印刷は1世紀以上にも及ぶ歴史をもっています。明治23年(1890年)、笹徳印刷の創始者である杉山徳三郎が名古屋・茶屋町(現在の中区丸の内2丁目)に“笹徳”杉山紙函店の名で、紙函の製造業を始めました。その後、業界のトップをきって昭和37年にヨーロッパより電子製版を導入しました。そしていち早くデジタル化に取り組み、現在はハイクオリティなDTPシステムを確立し、常に新しい情報文化の創造を主眼に歩んでいます。
笹徳印刷グループは総合印刷業として、着実に歩み続けています。

社名の由来
笹の葉には殺菌効果があるとされ、昔からお弁当を笹の葉で包んだりして、携帯していました。そこから、『モノを包む』シンボルとして、笹の印が使われるようになりました。長らく都があった京都の名産品のひとつに、菓子箱や文庫といわれる紙や布を何枚も重ね合わせて造る包装容器があります。その業者に「笹屋」があり、笹徳印刷の創業者である杉山徳三郎は、笹屋で函製造を修行。のれん分けの折り、「笹」の文字の使用を許されました。そこで開業時に、笹屋の笹と徳三郎の徳を組み合わせて、「笹徳」を屋号としました。

笹徳印刷のあゆみ

明治から昭和
  • 明治23年8月
    名古屋市茶屋町に紙器製造業を開業
  • 昭和37年10月
    業界のトップをきってヨーロッパより電子製版機及び 各種精鋭機械を導入
  • 昭和38年10月
    愛知県豊明市に総合印刷工場建設、本社・工場を移転
  • 昭和59年2月
    本社工場にトータルスキャナーシステム Σ2000を導入
  • 昭和61年4月
    埼玉県児玉郡児玉工業団地に関東工場を建設
  • 昭和62年1月
    愛知県一宮市に軟包装専門工場を新設
平成
  • 平成2年4月
    笹徳印刷の研究した液晶カラーフィルター生産方式が認められ、本格的な研究設備を導入
  • 平成5年7月
    液晶カラーフィルターの本格的な生産体制に入る
  • 平成6年1月
    豊明市栄町寺前に寺前工場グラビア印刷方式によるネピアラインの生産設備工場を新設
  • 平成12年10月
    DDCP・CTPシステム導入によるフルデジタルライン完成
  • 平成14年1月
    本社パッケージ工場クリーン化完成
  • 平成16年11月
    笹徳印刷の独資で世徳印刷(無錫)有限公司を設立
  • 平成17年8月
    関東工場第二期工事のパッケージクリーン化工場の完成
  • 平成18年5月
    世徳印刷(無錫)有限公司クリーン化総合印刷工場完成
  • 平成28年8月に126年を迎えます。
    さらに歴史を積み重ねて、笹徳印刷グループは未来へ邁進します。